脇の黒ずみの対処法

今は、梅雨ですが梅雨が終わると夏がきて肌を出す季節がやってきます。

女性にとっては、本当に大変な季節だと思います。

プールや海など水着になり脇を剃ったのに黒ずみが…なんて事ありませんか?そんな恥ずかしい思いをしないために今からしっかりと黒ずみ対策をしなくては、ならないと思います。

よく暑い時季に使う制汗剤と汗について・その後の洗い方・ケアについて今から対処法をしっかり理解し黒ずみにならない又治すために紹介していきたいと思います。

その前に脇について説明させてもらいます。

脇は、他の皮膚と違い肌質が弱くデリケートなのです。

そのため、ちょっとした刺激でもデリケートな脇には、黒ずみの原因になってしまうのです。

制汗剤と汗について

よく汗をかき臭いがし気になって制汗剤を使う方いると思いますが付けすぎは、禁物です。

本当は、使わないのが一番なのですが気になって制汗剤を付ける方は、少しだけ付けるようにした方が良いです。

シューとする刺激もあたえてしまいますし、何よりも毛穴に汚れが詰まり黒ずみの原因になります。

これは、汗に関しても同じ事です。

汗でも汚れが毛穴に詰まってしまうため詰まらないように、こまめに汗を拭いたり洋服を取り替えたりして下さい。

もし外にいてそれが中々できない人は、汗脇パットをオススメします。

今では、種類も豊富で色々あるので是非試してみてもらいたいです。

洗い方について

皆さんは、脇の洗い方どうしていますか?汚れたから臭いが残らないように、入念にゴシゴシと洗っている方いますか?最初に説明したように脇は、刺激に弱いのでゴシゴシ洗うと傷ついてしまいます。

洗う前に湯船につかり毛穴を開いてから洗うと良いです。

洗い方は、フワフワな泡を脇にあて優しく洗うことが重要です。

これだけでも毛穴が開いて入れば十分に汚れは落ちますので、けして刺激を与える洗い方は、やめて下さい。

ケアについて

脇は、あまり見えない所なので気にしない人が多いかもしれませんが脇は、毎日刺激を受けダメージを与えられています。

なので毎日のケアが必要なのです。

顔に毎日化粧水や乳液をして保湿あげてるように脇に保湿をしてあげて下さい。

顔に付けている物で構いませんが、もし刺激が強いようでしたら、弱いものにして下さい。

脇の保湿の仕方ですが、優しく塗り込むのも良いですしコットンに染み込ませた物を脇に挟んで脇を締め10~15分、保湿してあげて下さい。

脇の黒ずみになりたくない方や黒ずみになってる方は、今からでも気を付けてみて下さい。