車の査定

自分の持っている車を売りたい時や買い換える時に、下取りをしてもらったり、中古車販売店に売ったりすることだと思います。

そんな時はできるだけ高い査定で買い取ってもらいたいものですね。

査定の基準はいろいろとあるでしょう。

数十年乗っていると走行距離の状態やエンジン、足回りが弱くなって低い査定になる傾向があります。

これが避けようがない事実ですが、日頃のメンテナンスをすることで後々の下取りの時の査定でもかなり違ってくるものです。

一方で、どんなに年数が経っていても高い評価を維持している車もあります。

トヨタの86シリーズ。

初代の車は既に30年以上、経過しているのですが、いまだに高い値段を維持し続けているそうです。

これは根強い小亜のファンが多くいることも理由の1つのようですが、昔、流行したヨーロッパ系のスーパーカーより維持率か高いと聞いたことがあります。

最近は、ハイブリット車が普及しています。

普及率がかなり高まっていますがイザ、手放すために査定出すと余りにいい評価を得られないケースがよくあるそうです。

最近、某メーカーで人気車が数百万円でデビューしました。

数百万円するにも関わらす売れ行きが好調とのこと。

驚いたのは、買っていくお客さんは前のモデルを持っていたオーナーだそうです。

数百万円の買い物が簡単によくできるなぁと感心していると、前モデルの査定が高く下取りで新しい車の自己負担額が少なくて済むことが、買える理由でした。

何故、そのシリーズの前モデルが高い査定を受けることができたかと言うと、タイミングも大きな要因として挙げられそうです。

元々、人気車であることも事実なのですが、後継モデルごさがリリースされたことにより、手放すユーザー層も増えてきて新たな購買欲を喚起するという狙いや思惑も感じたりします。

しかし、ある時期を過ぎると、査定もかなり落ちていく可能性があるようです。

愛車の査定で高い査定を得るためには、そのようなタイミングを見計ることも大事かもしれません。