凹凸をカバーするメイク

ニキビ跡は大きく分けて、赤みが残るタイプ、色素沈着が残るタイプ、凹凸のクレーターが残るタイプの3つのタイプがあり、特に凹凸のクレータータイプのニキビ跡で悩んでいる人は多くいます。

このタイプのニキビ跡はニキビを潰したり、無理やり押し出したりといった間違ったケアをしてしまったために、肌が凸凹になったり、傷になって残ってしまったものなのです。

ひどいものは皮膚科でも治すことが難しいとされていますので、ニキビケアはもちろんニキビができてしまったら早めに皮膚科に相談するといいです。

とは言っても、できてしまったニキビは隠して、凹凸を目立たない様したいとみなさん考えると思います。

そこで、毎日するメイクで上手に隠すのです。

毎日メイクをする習慣がなくても、出掛ける時や人の目が気になる時など、メイクでカバーしてニキビ跡を目立たなくするのです。

コンシーラーを使いポイント隠しをして、その上から優しくパウダーファンデーションをのせていく方法や下地にひと手間かけ、下地の段階で凹凸を均一に滑らかに整えファンデーションをなじませていく方法など様々な方法があります。

また、凹凸ニキビ跡.comにもあるように凹凸ニキビ専用のメイクも数多くあり、ニキビ予防をしながら、ニキビ跡をカバーしてくれるものなど効果、機能性に優れたものも発売されています。

直接肌につけるものであり、その人の肌の状態や好みでも違ってきますので、自分の肌に合うものを選びたいものです。